北野白梅町の美容院から年代に応じた髪の悩みとケアについて

2023/11/15
かみのけ

年々変化する髪の状態。何を中心にケアすれば良いのか、お伝えしていきます。

 

30~40代は、外部刺激に加え、老化が原因で髪のトラブルが起こることが増えてきます。

年を取ると、肌は衰えてシワやたるみができるものです。それと同じように、頭皮も衰えます。衰えた肌は新陳代謝が低下して血行が悪くなり、毛穴に充分な栄養を届かせにくくなります。

すると、髪が細いままで成長しなかったり、ハリやコシを失ったり、乾燥してパサついたりするのです。

また、頭皮がたるんで毛穴がゆがむことで、生えてきた髪がうねったりくせ毛になったりすることもあります。

そのため、30歳を過ぎると、すでに生えている髪をケアするだけでは不十分です。これから生えてくる髪の土台となる頭皮もケアすることが大切にです。

 

 

 

50歳を過ぎると、パサつきやうねり、ハリやコシのない状態などに加え、白髪や薄毛も多く見られるようになります。

50歳以降の髪のトラブルのほとんどは、頭皮の状態が原因です。女性は50歳前後で更年期に入り、女性ホルモンの分泌量が減ります。女性の身体には、女性ホルモンだけではなく、男性ホルモンも存在しています。女性ホルモンが減少すると相対的に男性ホルモンが優勢となり、薄毛やひどい抜け毛の原因となるのです。

 

ヘアケアのポイント

ヘアケアではブラッシングやシャンプー、ドライヤーなどを正しい方法で行うように注意しましょう。

頭皮に優しいシャンプーを使うことも、大切なポイントです。ドラッグストアで市販されている安価なシャンプーのほとんどは、高級アルコール系シャンプーと呼ばれるものです。

高級とついてますが、これは炭素数の多いアルコールという意味であって、高級品ということではありません。

高級アルコール系シャンプーは洗浄剤が強く、すっきり洗うことはできますが、頭皮から必要な皮脂や水分まで落とすという難点があります。

 

 

頭皮に優しいシャンプーを使うなら、アミノ酸シャンプーが良いです。

配合されている界面活性剤はアミノ酸系成分ですので、肌になじみやすく低刺激です。汚れや余分な皮脂は落としながら、必要な皮脂や水分まで取り除くことはありません。

 

また、育毛剤の使用もオススメです。

育毛剤は、頭皮の血行を促進したり栄養をあたえたりして、頭皮状態を整えるサポートをします。頭皮の状態が整うことで、健やかな髪が生えやすくしてくれます。

 

髪を綺麗に保つには、年齢とともに髪だけでなく、頭皮のケアが必要になって来ます。

 

 

髪の綺麗さを保つために頭皮ケアを意識してみてください!!

 

☆定休日☆

 

11月

20日・21日・27日

 

12月

4日・11日・12日

18日・19日・25日

31日は時短営業になります

 

 

※ 当店においてマスクの着脱は個人の事情とご判断にお任せとなります

担当者にマスクの着用をご希望の方はお声がけください

 

★ご予約優先制です★

ネット枠は一枠に設定されておりますので、×表示でも予約が可能な場合もあります。   一度お電話をして頂けると嬉しいです。